興奮してついついお漏らし!子犬のうれしょん対処法

OSUWARI編集部

2016年8月23日 更新

お客さんが来たときや飼い主が帰ってきた時に、興奮して思わずおしっこを漏らしてしまうことありますよね。喜んでくれるのは嬉しいですが、お客さんの大事な服や物におしっこがかかっては大変です。子犬のうちにしつけて、うれしょんをしないわんちゃんに育てましょう。

うれしょんについて

犬と遊んでいる時や帰ってきた時に興奮しておしっこをしてしまう犬がいる事がありますが、毎度毎度掃除をしないといけないし、服が汚れて困ります。

うれしょんをするのは子犬に多く、嬉しく興奮する事でうれしょんをしてしまいます。

これは子犬は膀胱などが未発達である為に出てしまう行為で、成長と共に少なっていきますが、中には成長した後でも、うれしょんをしてしまう犬もいます。

うれしょんの特徴はおしっこと違い、少量しか出ない事で、感情の高ぶりが関係していて服従心の現れですが、飼い主としては可愛いと思う半面、室内でうれしょんをされると掃除をしなくてはならず、少し迷惑と感じる事もあります。

また、感情が高まらないのにおしっこが出る場合は尿失禁の可能性があり、注意が必要です。

うれしょんの対策

うれしょんをしないようにするには座れと命令して落ち着かせるのがいいといわれますが、感情が高まっている状況で命令を聞くかどうかは微妙で、例え命令を聞いたとしてもうれしょんが止まるとは限りません。

成長に伴って少なくなるうれしょんですが、成長してもうれしょんをする犬の場合は、うれしょんをしないようにする対策を練る必要があります。

うれしょんは感情の高まりによって引き起こされる行為なので、興奮をさせないようにしたり、興奮をしていた場合は無視をして興奮が収まるのを待ちます。

犬が甘えている姿を無視するのは心が痛みますが、一切の相手をせずに無視して興奮が収まるのを待ち、落ち着いた時点で十分すぎるほど褒めてあげましょう。 

やってはいけない事

うれしょんは膀胱におしっこがある事で出るので、膀胱の中を空にする事でうれしょんは防ぐ事ができますが、うれしょんをさせない為に水を飲ませないという方法は脱水を引き起こす可能性もあるのでしないでください。

脱水は最悪死亡してしまう事もあるので、脱水を引き起こすような状況は作らないようにします。

もう一つしてはいけないのが、叱る事です。

うれしょんは服従や甘えの姿勢を現す行為なので怒らないようにしましょう。人でもそうですけど、こちら側が嬉しい感情を現した時に怒られるとショックですよね。

うれしょんをしやすい性格

うれしょんをしやすい性格は興奮しやすい犬、飼い主や家族に服従をしている犬、飼い主や家族に甘える犬に多いとされていて、特に子犬の時期に多い傾向があります。

その他にも、精神的に弱い、飼い主に依存しているなどの性格の犬もうれしょんをしやすい傾向があり、オスよりもメスに多く見られます。

これらの性格を持っている犬を飼育する際は特に気をつけてあげましょう。

まとめ

うれしょんは飼い主にとって信頼している証であり、甘えてくれている証なので非常にうれしいですが、それを放置すると毎日うれしょんをされる事になり、掃除などが面倒となり、怒ってしまう可能性もあります。

犬にとって自分の感情を精一杯示した結果、怒られるとどうしたらいいのか迷ってしまいますので、できる限りうれしょんをした事に関しては怒らずに、どうしたらうれしょんをしなくなるのかを考えて行動しましょう。

うれしょんは感情を表す方法の1つですが、うれしょんだけが感情を表す方法ではありません、その事を服従訓練やしつけを教える中で犬に気付かせます。

そうする事で飼い主にとっても、犬にとってもストレスが少ない生活を送る事ができます。

こちらもおすすめ