ペットの腸内フローラを整える「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」

OSUWARI編集部

2018年4月30日 更新

最近ペットが元気がない。前よりも痩せてきている。。そんなペットの変化に気がついたら見逃さないでください。いつもと違う、様子がおかしい、それは口がきけないペットからのSOSかもしれません。原因が特定できない不調が続くときは食生活を改善しましょう。その際、サプリメントを補助的に活用するのは効果的です。

■ペットの不調、それはペットからのSOS

○ペットの様子がおかしいと感じていませんか

ペットの微妙な変化に気づくのは日々接している飼い主だけです。獣医師は専門家ですが、ペットの不調に気がついた飼い主が動物病院に連れて行かない限り診察も治療も行うことはできません。大事なワンちゃん、猫ちゃんに以下のような変化はありませんか?

・食欲がない
・吐く
・口臭が気になる
・体臭がきつくなった
・やたらと水を飲む
・元気がない
・散歩を嫌がる
・寝ていることが増えた
・便が緩い
・便秘がちになった
・毛づやが悪い
・不機嫌なことが増えた

これらの中には高齢犬ならある程度は仕方のない症状もあります。しかし、例え高齢犬でも急に症状が現れるのは異常です。

○病気のサイン、SOSを見逃さないで

毎日観察している飼い主の目から見ておかしいと思えるのであれば、間違いなくどこかに不調の原因があります。自身の直感を信じてください。ペットの様子がおかしいのはペットからのSOS。病気のサインかもしれません。

体調が悪そうだと思ったら、更に詳しく観察してください。

・全身をなでて見てしこりやでき物がありませんか?
・嘔吐物の原因は毛玉ですか?
・オシッコの色に異常はありませんか?
・下痢が続いていませんか?
・血便は出ませんか?
・口臭や体臭ひどくなっていきますか?
・急に太ったり痩せたりしていませんか?

軽い胃腸障害でも上記のような症状が起こります。しかし、軽く見てはいけません。症状の影で腎不全や癌が発症している・発症しかかっている可能性があります。

■犬や猫の死亡原因(病気)トップ10

ひと昔前まで犬や猫の死亡原因は感染症でした。狂犬病やジステンパー、フィラリアにかかることが多かったのですが、予防治療の発達で狂犬病は根絶し、その他の感染症による死亡率も少なくなっています。

変わって台頭してきたのが“癌”です。今や癌はペットの死亡率のトップです。

○犬の死亡原因になる病気

犬の死亡率の1位は「癌」です。50%以上の犬が癌で死んでいます。

次いで、2位「心臓病」、3位「腎不全」、4位「てんかん発作」、5位「肝臓疾患」、6位「胃拡張、腸捻転」、7位「糖尿病」、8位「アジソン病」、9位「クッシング病」、10位「突然死」です。

○猫の死亡原因になる病気

猫の死亡原因も1位は「癌」です。原因の4割に達しています。

2位が高齢猫のほとんどが発症する「腎不全」、3位「腹膜炎、猫伝染病」、4位「心臓病」、5位「肝臓病」、6位「猫エイズ」、7位「猫白血病」、8位「甲状腺機能亢進症」、9位「肝臓病」、10位「ウィルス性呼吸器感染」です。

猫に感染症が多いのは外飼い猫が多く、他の個体に接する機会が多いせいです。

■現代病がペットを襲う

犬猫の死亡原因の1位・癌は「現代病」です。人間特有の病気といわれてきた現代病にかかるペットが増えています。癌の他には、アレルギー疾患、肥満、糖尿病、心臓病、肝臓疾患などが現代病といわれています。

現代病は初期段階ではわかりづらいのが特徴です。人の場合でもそうなのですから、痛みに鈍感で我慢強いペットとなるとなおさらです。完治が難しい病気ですが、初期段階であれば完治も可能です。早期発見のためにも愛犬・愛猫の様子には毎日気を配ってください。

■食生活が現代病の原因

ストレスなど精神的苦痛や運動不足は現代病の大きな要因です。しかし、一番の原因は食生活にあるといわれます。

○毎日の食事に問題が?

犬や猫に人間用の食べ物、お菓子や乳製品、塩分や調味料をきかせたものを与えるのは厳禁です。極端なことをいえば与えた分だけペットの寿命を縮めているといっても過言ではありません。このことを守って市販の上質のフードを選んで与えている場合でも、それらが現代病の原因になっている可能性も否定できません。

○ドライフードの問題点

プレミアムフードといわれている高品質なドライフードでも「熱処理」「添加物」「消化率」の問題が残ります。

・熱処理
ドライフードは製造過程で必ず熱による処理が行われます。衛生面を考えてかなりの高温で処理されるフードが多く、ここで原材料が持っている様々な栄養素が壊れたり変質してしまいます。体に害をなす細菌と一緒に必要な細菌や酵素も死滅し、食材の持つ風味も損なわれます。

・添加物
失われた栄養分や風味を補うために使われるのが食品添加物です。自然由来の体に優しいものもありますが、大抵の製品に化学合成された保存料、香料、着色料が使われています。合成した添加物、着色料を使っていなくても乳化剤や人工甘味料を使っているものがほとんどです。これらの物質はアレルギーや腸内のバランスを崩す原因なり、中には発がん性を指摘され、人が口にするものでの使用が制限されているものもあります。

・消化率
犬や猫は本来、肉食動物です。生肉には70%の水分が含まれています。草食動物や人よりも腸の長さが短い犬や猫にはこのくらいの水分を含んだ食材が適しています。どんなに高品質であっても水分のがほとんど含まれていないドライフードは未消化の残滓が腸に残り、それが腸内の善玉菌に悪影響を与えます。未消化物は腸壁を傷つけることもあります。

■病気の予防は腸の元気から

腸は体内に入ってきた食物が体に有用なものであるかを瞬時に判断して、消化吸収を促したり、毒素として排出するといった脳に匹敵する機能を持ってるため「腸は考える臓器」だといわれています。腸の働きを健康に保つためには「腸内フローラ」を整えることが大切です。

○腸内フローラってなに?

小腸から大腸の内壁(腸壁)には様々な腸内細菌が棲みついて、同じ仲間同士で固まってコロニーを形成しています。拡大すると、その様子が花畑のようにみえるため「腸内フローラ」と呼ばれます。「腸内フローラ」が整っているということは、これらの細菌の数がバランスよく保たれている状態のことです。

・腸内細菌
腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があります。善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割がベストの状態です。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の有利な方に加勢する性質を持っています。そのため腸内を善玉菌が有利な状態の保っておく必要があります。

■乳酸菌

善玉菌の代表格は乳酸菌です。乳酸菌は炭水化物を分解して乳酸をつくり、生き物成長や活動に必要なエネルギーを生み出しています。腸内で善玉菌を有利に保つため意識して体外から乳酸菌を取り入れることが大切です。乳酸菌の働きが活発になると腸が整い消化吸収が促され、免疫力が上がります。

免疫力が強まれば体の健康が回復し、食欲不振、慢性疲労、胃腸障害、アレルギーやアトピー、歯周病の予防・症状の改善に繋がります。

■生き物が生きていくためには“酵素”が必要です

細菌と同様「酵素」も生命活動には欠かせません。酵素の働きは消化吸収を助けるだけではありません。心臓の鼓動、呼吸運動といった生きていくための身体活動すべてに酵素が関わっています。

酵素が不足すると体調が崩れます。胃腸障害をおこし、体臭・口臭がきつくなります。免疫障害が起きてアレルギーや皮膚病、腎不全、癌を発症しやすくなります。

○植物酵素と動物酵素

体にとって大切な酵素には「植物酵素」と「動物酵素」があります。
動物酵素は体の中でつくることができます。一生涯のうちに体内でつくられる酵素の量は決まっているので年齢と共に体内酵素は減っていきます。

足りなくなっていく分は外から積極的に取り入れる必要があります。野菜や果物などには多くの酵素が含まれているので、食事として量を摂りやすい「植物酵素」を選ぶと効率的です。

■Wパワーのペット用サプリメント「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」

ペットの腸内フローラを整え、免疫力をアップするために善玉菌である乳酸菌や植物酵素を多く含んだペットフードを選びましょう。とはいえ、1日1食、ないし2食の食事だけでそれらを補うのは大変です。そんな時はサプリメントの活用を考えてください。

○腸活に必要な2大成分配合「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」

「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」はペットの“腸活”を、消化力・免疫力を高める植物酵素と、生きて腸まで届く乳酸菌のWパワーでサポートします。

「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」に配合された植物酵素は「プロテアーゼ」「セルラーゼ」「アミラーゼ」「ラクターゼ」「リパーゼ」です。乳酸菌は、強力な胃酸の海を生きて乗り越える「有胞子性乳酸菌」が配合されています。これらの成分が腸内フローラを整えるお手伝いをします。

○無添加、高品質の国内産

「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」には合成保存料、着色料、香料といった合成添加物はいっさい使われていません。厳選された原料を使い、安全性を徹底的に管理された静岡の工場(健康補助食品GMP取得)で作られています。

■「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」は公式サイトで購入を

「毎日爽快 乳酸菌&植物酵素」を購入するなら公式サイトがおすすめです。

○半額お試しキャンペーン

「うちの子は好きキライが多いから……」そんな方のために小型犬1ヶ月分通常価格2,776円(税込)を半額の1,388円(税込)で購入できるキャンペーンを実施しています。初回限定、送料も無料です。一度に3袋まで購入できるので大きな犬でも試せます。

○お得な定額購入プラン

お試しで効果を感じたら定期購入プランがお得です。

初回65%割引、二回目以降も10%オフ。もちろん送料も込みです。いつでも解約・休止・再開できます。

コンビニ後払いで貯まるフフルルポイントに加えて、楽天ペイで決済すれば楽天ポイントを貯めることもできるようになりました。

■まとめ

健康な生涯を送るために、人でも犬でも「腸内フローラ」を整えることが大切です。原因が特定できない不調が続くときは食生活を改善しましょう。その際、サプリメントを補助的に活用するのは効果的です。

でも、そのサプリメントに健康を害するような成分が使われていたのでは逆効果です。
自分の愛犬・愛猫にあっているものはどれなのか、ペットフード選びに気を使うの同じくらいサプリメントの配合成分にも気を配って選ぶようにしてください。

こちらもおすすめ