高齢犬のために開発されたスーパードッグフード「ピッコロ」

OSUWARI編集部

2018年4月29日 更新

犬も年齢に合わせて食事を変えていく必要があります。成長期には脂質の含まれた高カロリーな食事が必要です。しかし、同じ内容の食事はシニア犬の体に負担をかけます。年齢に合わせた食事を用意してください。高齢犬のためのドッグフード「ピッコロ」がお手伝いします。

 

 

『ピッコロ』の公式サイト  

■信頼のブランドGAペットフード・パートナーズ社

 

GAペットフード・パートナーズ社はイギリスで1992年に誕生した信頼のブランドです。羊小屋の中に設置された小さな工場からスタートしたGAペットフード・パートナーズは、創業当時から小麦用の耕運機を改造してペットフードの成形押出機を独自に開発したことに始まり、常に新しい技術を取り入れてきました。

2000年代に発売されたグレインフリーのドライドッグフードも年々進化を重ね、現在は従来の乾燥肉粉を使用する製法ではなく、新鮮な肉を直接処理して乾燥ペレットにする技術を使い、自社工場において原料の仕込みから出荷まで一貫してつくられています

近年は、細菌感染予防ための微生物学実験所も新設し世界中の愛犬家からの信頼を集める注目のブランドです。

■高齢犬のためのペットフード「ピッコロ」の特徴

GAペットフード・パートナーズは、ペットフードづくりに最良の革新的な設備を使って、顧客からの要望に応えるべく、700種類以上の原材料を組み合わせた新しい製品開発と既製品の改良を毎日進めています。

そんな企業努力の中から生まれたのが、高齢犬のためのスーパーペットフード「ピッコロ」です。

○シニア犬にも高タンパクな食事が必要

ピッコロのメイン食材は新鮮なチキンとサーモンです。鶏肉と魚肉はシニア犬の体を健康に維持ために欠かせない良質なタンパク質がタップリと含まれています。高タンパクの食事は高齢化で弱ってきた体をしっかりとサポートしコンディションを保ちます。

チキンとサーモンの配合量は全体の70%です。製造前に厳格に品質管理されたものだけを使用し、素材本来の風味を活かした加工を行っていますから、チキンとサーモンの香りがそのまま残っています。人間が嗅いでも食欲をそそる香りなので食いつきが違います。

○シニア犬にうれしい配合です

ピッコロは高齢犬のために開発されました。副原料にもシニア犬にとって必要な栄養がタップリと含まれたものを選び抜いて配合しています。消化の負担になるグレイン(穀物)はいっさい使っていません

・リンゴ

食物繊維・ペクチンが豊富です。犬が果物なんか食べるの?と疑問に思う方もいるかと思いますが、リンゴ好きな犬は意外に多く、大抵の子は生のリンゴでも喜んで食べてくれます。お通じがよくなるので、歳と共に運動量が減って太りやすくなっているワンちゃんの体型維持に適しています。ビタミンAとビタミンCも豊富に含まれています

・サツマイモ

犬のDNAはオオカミとほとんど変わらず今でも肉食動物だといえますが、人と長く暮らす間に雑食性も進みました。ある程度の植物性の食べ物も必要です。サツマイモは良質な炭水化物で活動に必要なエネルギーを補ってくれます。同じ炭水化物でも穀物類のように犬の体に負担をかけません。

・マリーゴールド

マリーゴールドには身体のリフレッシュを促す効果があります。活力維持と健康増進をサポートします。

・グルコサミン、コンドロイチン、MSM

人間のサプリメントでもお馴染みの自然由来の成分です。年をとると避けて通れない関節部の劣化を予防します。

○低脂肪で肥満を防ぐ

シニア犬はどうしても運動量が減ってしまいます。太りすぎを防ぐためにカロリーコントロールは欠かせません。でも、カロリーカットの食事は味気ない場合が多いもの。その点、ピッコロは原材料の組み合わせからカロリーコントロールを考えているため人が食べても美味しく感じるくらいで味も問題ありません。好き嫌いの激しいワンちゃんでもよく食べてくれます。

栄養のバランスもとれているのに100gあたり355カロリーと控えめ、脂質も15%に抑えられています。食事の量を減らされると愛犬はストレスを感じます。満足のいく量を与えられるのも嬉しいところです。

○安心・安全な原材料

チキン、サーモン、野菜、フルーツなどの原材料は製造前に徹底した検査にかけられます。最高の食材を最高の技術で加工しています。香料や着色料といった人工的な添加物は使っていません。品質管理のために使用している保存料も天然成分から抽出されたミックストコフェロールというビタミンEの一種、つまり栄養素です。

これらの材料を厳格な品質管理の下、自社工場で製造、パッキング、出荷まで一貫して行っています。

○厳格な品質管理で細菌をカット

原材料の品質を徹底的にテストすることから製造が始まります。製造された製品もスペクトラム分析によって異常がないかを常にチェック、保存による品質の変化を見るためにサンプルを12ヶ月モニタリングしています。厳格な品質管理と食品安全システムによってサルモネラ菌、大腸菌、カンピロバクター菌を100%カット。輸出している全ての国の最高の安全基準に適合しています

■ピッコロのデメリット

老犬に向けて開発された高品質のスーパードッグフード・ピッコロ。一般的なドッグフードと比べれば有利な点ばかりなのですが、一点だけウィークポイントがあります。それは「賞味期限が短い」ということです。

ピッコロは天然素材のみでつくられています。保存料も天然由来のビタミンEを採用しているため防腐剤、保存料に化学物質を使っているペットフードに比べると酸化や劣化が早く進みます。開封後の賞味期限は3ヶ月です。賞味期限ですので3ヶ月過ぎたからといって食べられなくなるわけではありませんが、酸化が進むと風味が落ち、中には食いつきが悪くなる犬もいます。高温多湿の場所や口を密閉しない状態で保存すれば劣化は更に早く進みます。

人間でも安心して口にできる品質があだになっているといえばそういえますが、自然に近い製品だからこそのデメリットは余計なものが添加されていない健康的な食材であることの証明だともいえます。1袋は小型犬1ヶ月分なので毎日使っていれば問題ありません。

高品質を保つため、自社工場で製造出荷まで行っているのため市場に出回らず、公式サイトでしか購入できないのもデメリットといえばデメリットです。

ピッコロは高タンパク質でリンも多く含まれているので腎臓に疾患のある子には向いていません

■ピッコロのターゲットはズバリ高齢犬、なのですが……

 

ピッコロはシニア向けのペットフードです。小型犬は8歳、中型犬は7歳、大型犬は5歳から与え始めてください。

ピッコロは高タンパク・低脂肪なので、若い年齢の犬でも肥満防止または解消など健康面を考えて普段遣いにしている方もいます。栄養面では成長期の子にも適していますが、活発に行動する時期だとカロリーが不足しています。その分を他の製品や手作りのごはんで補う工夫をしてください。

ピッコロを普段の食事にプラスして、栄養面を補うという考え方もいいと思います。

■定期コース申し込みでお得な三大特典

公式サイトからピッコロの定期購入を申し込むとうれしい三大特典がついています。定期コースの周期は1週間から最大13週間の間で選ぶことができます。

特典1:1袋なら10%、2〜5袋で15%、6袋以上なら20%オフです。通常価格3,960円(税抜)のところ最大割引なら3,168円(税抜)で購入できます。定期コースを1年継続すれば年間9,504円もお得です。

特典2:3袋以上のご注文で送料無料です。

特典3:ペットフードを与えるときに便利なフードスクープ(ペットフード用スプーン)をプレゼントします。

申し込みは公式サイトか1分あれば手続き完了です。

『ピッコロ』の公式サイト  

■まとめ

人も犬も年をとれば体が衰えていきます。運動量は減りますし、消化能力も弱くなります。自己管理ができる人間とは違い、犬は与えられた食事を食べるしかありません。年齢に合わせて食事の内容を変えていくのは飼い主の責任です。

年齢にあった食生活は長生きの秘訣です。大好きなワンちゃんと少しでも長く、元気に過ごすため明日からの食事を「ピッコロ」でよりよいものにしてください。

こちらもおすすめ