犬にりんごはいいの?あげ過ぎは下痢になるので要注意!

OSUWARI編集部

2018年4月30日 更新

蜜がたっぷりジューシーなりんごを食べていると、犬にもあげたいなあとふと思ったとき、あげてもいいものなのか考えたことはありませんか?犬はりんごを食べても問題ありません!しかし、あげ過ぎは下痢を引き起こす原因になります。あげるときの量、注意事項や、リンゴジュースも大丈夫なのか、簡単りんごレシピをまとめてみました。

犬にりんごを食べさせても大丈夫?

犬にリンゴは与えて大丈夫です

犬に食べ物を与えるとき、消化に悪影響を与えないかなと不安になることもあると思います。
りんごは果物の一種ですし、あまりりんごに噛り付いている姿を見かけないですが、【与えても大丈夫】です!

りんごはわんちゃんの体にもこんなに良い食材!

人も朝食にリンゴを食べるとよいといいますが、犬にとってもりんごに多く含まれている水溶性食物繊維のペクチンによって腸内環境を整えてくれる嬉しいメリットがあります。

水分が85%を超えるりんごは水分補給にもなりますし、利尿作用もあるので老廃物の排出も促してくれます。疲労回復・食欲不振の回復効果もあるので、元気がないときに心強い食材です。

犬にりんごをあげる時の注意事項

リンゴをあげるときの注意

では、りんごはどのようにどのくらいあげるといいでしょうか?

りんごをあげる量

食物繊維を多分に含むりんごは、あげすぎてしまうと便が緩くなり下痢になってしまうことがあります。あげるときには中型犬で四分の一個を目安にしてください。

また、りんごの主成分は当分なのでビタミンは少ない分、食べさせすぎてしまうと血糖値が上がってしまう危険性があるので控えましょう。りんごを好
きなわんちゃんは多いので、味をしめてご飯を食べなくなってしまうことの内容、飼い主が量に気を付けることが重要です。

あげるときの大きさ

口に含める大きさのものがついつい丸呑みしてしまうのが犬です。大きすぎると噛まずに飲み込んで、喉に詰まってしまって吐くこともあります。嘔吐で苦しませてしまわないように、口の大きさにもよりますが、人の親指よりも小さくカットして与えましょう。

芯に近い部分は酸味や中毒性が含まれるので、あげる部分も考慮してみてください。

皮まであげてもいいの?

人によっては皮を食べたり食べなかったりしますが、皮には栄養分がたっぷりと詰まっています。噛んだ時の渋みを嫌がらなければ、犬にもりんごの皮を与えても大丈夫です。

市販のりんごジュースはあげてもいいの?

リンゴジュースはいいの?

添加物の含まれたジュースは人も避けることが多いですが、果汁百パーセントのジュースなら生のりんごと同じで与えてもいいのでは?犬だって甘いジュースを飲んだっていいはず!それでは、りんごジュースを与えるときの注意事項を見ていきましょう。

ジュースは砂糖の塊!

よく言われていることですが、清涼飲料水にはスティックシュガーガーで換算すると驚くほどの砂糖が入っています。りんごジュースも果糖が多く含まれているので、与えるときには200mlグラスの半分以下でなめさせる程度にしましょう。

100%じゃなきゃダメ?

犬用に販売されているジュースのほとんどが無添加で100%果汁ジュースです。添加物が混じっていると安心して与えることができないのが大きな理由ですが、人間向けの甘味料や保存料はなるべく避けましょう。

簡単りんごおやつレシピ

りんごはそのままでも大変美味しい果物ですが、加熱して与えても問題ないので、アレンジを加えてみましょう。

りんごおじや

 

  • ごはん大匙2
  • りんご6分の1個
  • 鳥胸肉30g

1りんごを小さな扇形にカットする。
2茹でた鶏胸肉を細かく裂く。
3鳥胸肉の煮汁に材料をすべて入れて煮る。
3りんごが箸でつまんでクタリと柔らかくしなったら出来上がり。

温かくてご飯にもなるりんごおじやには、バナナやニンジンを追加しても合うので、わんちゃんが気に入ったら他のアレンジも楽しんでください!

こちらもおすすめ