犬はみかんを食べていいの?量や注意事項

OSUWARI編集部

2016年3月7日 更新

寒い季節には欠かせない果物、【みかん】!暑い夏には水分補給にもぴったりなみかんは、犬は食べても大丈夫なのでしょうか?あげるとしたらその量は?皮は食べても大丈夫?正しい用量を知り、一緒に食べる楽しみを日々にプラスしてみませんか。

犬はみかんを食べれる?

アレルギーやお腹を壊すのが心配で、果物はあげるのを悩んでしまいますが、みかんは大丈夫です!水分が87%以上で、βカロテンなどのビタミンが免疫力向上にもつながるみかんは、日々の健康をさらに支えてくれる食品です。

酸っぱいものが苦手な犬もいるので、食べたときの反応を見つつ、少しずつ与えてみましょう。

みかんはどのくらいの量与えていいの?

犬にみかんを与えていい量は

水分やビタミンを豊富に含むみかん。日々の食事とのバランスを考え、与えすぎないようにするのが重要です。カリウムを多分に含むので、利尿作用もあります。あまり食べすぎると、おしっこや便の回数が増えて腸に負担を与えてしまいます。

一度にあげる量は?
本来は好んで食べるものではないので、あげるときはおやつ感覚で少量を心がけましょう。みかんの酸味は胃を刺激し、胃が弱い犬は消化不良を起こすこともあります。

皮を向いて、一粒ずつ与えます。もし、丸ごと食べてしまったら、飲み込むとき喉が詰まらないか注意してください。
一度にあげる量は、みかんの大きさに関わらず一個以内が良いでしょう。

みかんの皮は食べていいの?

あげる際の注意点としては、皮は剥いて【絶対に】与えないでください

農薬を食べさせてしまう

みかんの皮には製品化する際に様々な農薬が塗布されます。水洗いでは決してとれないそれらは、胃腸の働きを阻害したり、アレルギーを引き起こしたりする危険性が強いです。
たとえ、無農薬のみかんであっても皮は与えないでください。

消化不良を引き起こす

外皮はもちろん、白い薄皮もなるべく剥きましょう。人もそうですが、栄養素は高いといっても薄皮は非常に消化のしにくい部分です。消化できずにそのまま排泄され、下痢につながることもあります。
一手間、犬の健康のために薄皮までしっかり剥いて、中の実だけをあげるようにしてください。

犬にみかんをあげる時の注意事項

犬は基本的にみかんを食べても大丈夫です!
美味しくて甘いみかんを好きに楽しめるよう、以下の点を覚えておきましょう。

  • あげるときは少しずつ
  • 外皮も薄皮もしっかり剥く
  • 最初は苦手かどうかを様子を見る

下痢や消化不良、農薬などによるアレルギーから守るため【犬にみかんをあげるときは中の実だけを少しずつ】を気をつけてください。

こちらもおすすめ