犬はバナナを食べてもいいの?適切な量とレシピをご紹介!

OSUWARI編集部

2016年3月7日 更新

「チョコレート、玉ねぎ、いかはダメってよく聞くけどバナナってどうなの?」と悩んだことのある方も多いと思います!人にはダイエット効果、高い栄養価などで昔から重宝されている偉大な果物【バナナ】。実は犬もバナナも食べることができるのです!

犬はバナナを食べていいの?

安くて栄養満点なバナナ。犬にとっても沢山のメリットがある食品です!

甘みの強さも犬にとって食べやすく、健康促進のビタミン豊富で、運動前に素早くエネルギーを補給するのにも適しております。

生の場合

皮を剥けば、生のままでも犬に与えて大丈夫です!
熱中症の予防でも名高いバナナには、お腹を冷やす効果があるので軟便の効果が現れすぎてしまうことで体調を崩すのに注意が必要です。
また、犬は大体のものは飲み込んでしまうため、薄くスライスしたり、細かくカットしたものを与えましょう。

加熱した場合

お腹を冷やしてしまうのが心配な方は、少し加熱したものを与えるようにするのが良いと思われます。
加熱すると甘みも強くなるため、犬は喜ぶと思いますが、歯につきやすくなる場合や与えすぎてしまうのに注意しましょう。

バナナによる効果とは

整腸作用

バナナは水溶性繊維と不溶性繊維を含んでいるので、整腸作用があります。
一本90キロカロリー前後と低カロリーなのに満腹感が強く、便秘を改善してくれます。

豊富な水分・栄養分

また水分が七割以上なので、夏には良い水分補給になります。
多く含まれるカリウムは塩分排出・むくみ解消にもつながります。

バナナをあげるときの注意事項

バナナの皮はNG!

消化に悪く下痢を起こしてしまうバナナの皮は、決して与えてはいけません。
皮でなくとも与えすぎると吐くこともあるので、気を付けましょう。

果物アレルギーの子もいるので注意!

犬にはラテックス(天然ゴム)アレルギーといわれ、トマト・キウイ・アボカド
にも同じアレルギー反応を引き起こします。果実アレルギーを持っている個体も
います。

※まずは少量を与えて様子を見ましょう。もし食べた後で口の周りを盛んに舐め
だしたり、床に口を擦り付けるような行動を始めたら、アレルギーを疑い、与え
るのは控えましょう。皮膚アレルギーが出た場合は速やかに受診しましょう。

お気軽バナナレシピ

メープルバナナ

  • バナナ一本
  • メープルシロップ大匙一

1.バナナを一センチほど斜めにカットします。
2.熱したフライパンにクッキングシートを敷き、そこに切ったバナナを並べます。
3.焦げないように中火で両面をきつね色に焼きます。
4.皿に並べ、メープルシロップをかけて完成です。

シンプルですが、抗生物質の能力を向上させるメープルシロップで健康促進☆
甘味の強いメープルシロップを最後まで舐めとる楽しみもワンちゃんには最高!

こちらもおすすめ