吠えない犬-飼いやすい犬選び

OSUWARI編集部

2016年3月12日 更新

犬には様々な種類があります。人懐っこい犬もいれば、散歩にも出たがらない犬、吠える犬、吠えない犬
しつけ方が重要になるのは当然です。飼い主の接し方、言葉の掛け方で犬の行動は180度変わります。
今回は生まれつき吠えにくい犬種についてご紹介していきます。
特に犬を初めて飼う初心者の方は、まずは吠えにくい犬が飼いやすいと思いますので参考にしてみてください。

吠えない犬

泥棒が侵入してきているのに吠えない犬は問題です。ここでお伝えする吠えない犬というのは、無駄吠えをしないという意味です。例えば、室内犬はチャイムの音が鳴るだけで吠えます。窓の外の通りに子どもが走っているのを見ただけでも吠えます。散歩中におじさんには吠えないのに、おばさんには吠える犬もいます。

実際、大型犬よりも小型犬の方が圧倒的に吠えます。小型犬は大型犬に出会っただけで吠えたりします。

弱い犬ほどよく吠えると言いますが、やっぱり体が大きいと余裕があるんでしょうね。逆に小さい方は全力で威嚇して、なめられないように必死です。警戒しているのが大きな理由だと言われています。

犬を飼う初心者の方は、できるだけ小さなころに『しつけ教室』に通われることをお勧めします。
チャイムが鳴ったり、他人が訪問しに来たりしたときの無駄吠えは『しつけ』で改善できます。

よくわからずに、吠えたら怒る、大きな音を出してびっくりさせるなどを繰り返しても逆効果な場合があります。タイムリーに誉める視点をもって接していくことが大切です。

犬の吠えるしつけに関してはこちらを参考にしてください
犬が吠える理由としつけ方

吠えない犬種の紹介

吠えない犬パグ

パグ(小型犬)
小型犬には珍しく吠えません。性格が穏やかだからでしょう。ただいびきはうるさいです。
中国産で鼻が短く、そのため暑さや寒さに弱いです。

吠えない犬 ゴールデンレトリーバー

ゴールデンレトリバー(大型犬)
ドッグランでもよく見かけますが、無駄吠えするのは聞いたことがないです。とても賢く、友好的です。
ちなみに大型犬でしつけができていないと、大変なことになります。
コントロールしきれないと感じたら即座に『しつけ教室』へ。

吠えない犬 バセンジー

バセンジー(中型犬)
とにかく一番の特徴が吠えないこと。集合住宅地で飼育するには適しています。
アフリカ産なので冬に弱いです。飼い主にはとても懐きますが、他人にはとても警戒します。

こちらもおすすめ