犬の叱り方‐噛む・吠える・問題行動のしつけ方

OSUWARI編集部

2018年4月30日 更新

犬には正しい叱り方があります。噛んだり、吠えたりと問題行動を起こす犬には、どのような叱り方がいいのでしょうか?この記事では、そんな犬のしつけ方、叱り方をご紹介します。犬初心者の方や愛犬が言う事を聞かなくて困っている人は、どのような怒り方が適しているのか知っておきましょう。

犬の叱り方

犬が人や家具を噛んだり、イタズラをしたら必ず叱らなければなりません。悪いことは悪いと教えないと犬も家族のルールがわからず、いつまでたっても問題行動を起こしてしまいます。

しかし、犬には人間の言葉がわかりません。

犬を始めて飼う人に多いのが、犬が言う事を聞いてくれない、叱っても何度も同じことを繰り返すとイライラし、思わず強く叱ってしまうことです。

それは犬が悪いのではなく、叱り方(しつけ方)を知らない飼い主さんに原因があります。

本来、犬と飼い主の正しい関係は、飼い主がリーダーとなり、うまく誘導し何が良くて何がダメなのか教えます。

人間も同じで、良い上司は部下の力を上手に引き出してあげるものですよね。同じに、飼い主さんが愛犬の賢さ、忠実さを引き出してあげてください。

間違った叱り方をすれば、しつけができないだけでなく、信頼関係が築けない、噛まれる、吠えられるといった行為につながります。

間違った叱り方が犬に与える影響

では、間違った叱り方をしてしまうと、具体的に犬へどのような影響があるのでしょうか。

飼い主自身が危険を伴う

犬といえども4,5kgあり、大型犬となれば軽く10kgもこえます。その犬が本気で噛んだり反抗するれば、大怪我になることになります。

問題行動の悪化

間違った叱り方をすることで、犬は自分自身を守るために反抗し、吠える噛むといった行動を煽ることになります。

また、飼い主が叱っているつもりでも、犬はかまってもらっていると勘違いし、もっと自分に注目してほしさに行動が悪化する場合があります。

懐かない、吠える

飼い主さんが恐怖の対象となると、犬は常に警戒し、少しでも近づこうものなら、自分の身を守ろうと吠えたり、噛みついたりします。

もちろん、怖い人と認識しているので懐いてはくれません。

寿命が短くなる

常に警戒し、イライラすることで、犬が抱えるストレスはとてつもないものです。

その過剰なストレスのせいで、病気になりやすかったりと寿命に関わるとも言われています。

間違った叱り方

では、間違った叱り方とは何なのでしょう。

叩く・蹴る・殴るなどの体罰

犬を叱るために叩いたり、蹴ったり、殴ったりと犬に体罰を与えるのは、絶対にやってはいけない叱り方です。

叩かれたことで、犬は何が悪いのか学習しないでけでなく、飼い主に恐怖心を抱くようになり、信頼関係を損ないます。

犬は、乱暴にした人に対して必ず攻撃的になり、飼い主さんに対して噛む、吠えるといった行動を取るようになります。

長々と説教する、高い声で叱る

犬は人間ではありません。長々と説教しても理解できませんし、飼い主が何に対して怒っているのかわかりません。

また、高い声で「も~〇〇ちゃんダメでしょ~!」と叱るのもNG!

犬にとって高い声は、叱っていると認識しません。犬が吠えたり唸ったりするとき、いつもより低い声を出しますよね?それと同じで、普段より高い声で叱っても、犬にとっては怒られているとは思っていません。

犬の名前を呼んで叱る

「〇〇、ダメだよ!」と名前を言って叱るのはNG!罰と一緒に名前を呼んでしまうと「名前=叱られる」と学習し、自分の名前は嫌なことの前兆として、名前に反応しなくなることがあります。

時間が経ってから叱る

時間が経ってかたら叱られても、何に対して叱っているのか結びつけることができません。

もし、お留守番から帰ってきて、イタズラや粗相などの問題行動の跡があっても、声をかけて叱るのは意味がありません。この場合は、さっさと片付けて無視しましょう。

正しい叱り方

では、どのように愛犬を叱ってしつければいいのでしょうか。

低い声で短く一言で叱る

叱るときは、「NO!」「ダメ!」といった短いワードを使いましょう。

このワードは必ず統一してください。家族がバラバラのワードを使っては、犬も混乱してしまいます。

そして、低い声ではっきりいう事が大切です。

天罰方式で叱る

悪さをした時に、大きな物音や嫌なニオイを嗅がせることで、犬が自発的にその行動をしたがらないように仕向けます。

例えば、吠える犬に対して、ビックリするぐらい大きな音を立てます。すると犬は「吠える=あの嫌な音がする」と吠えることをしなくなります。

天罰方式で大切なのは、犬に飼い主さんが音やニオイを出していると悟られないことです。

犬自身からその行動を避けさせるため、飼い主さんが原因だと理解すれば、飼い主のいない時にイタズラをしてしまいます。

天罰方式をしたときは、犬の顔を見たり声をかけたりせず、知らん振りすることです。

主な天罰方式は、

 

  • 缶に硬貨をいれて大きな音を立てる
  • 酢の入ったスプレーで嫌なニオイを嗅がせる
  • リードを使った首チョン
  • 苦い味するしつけ用のスプレー(ビターアップル)

犬よって、効果のあるものないものがあります。例えば、音に敏感な子の場合は、缶を使って大きな音を出す叱り方が効果的ですし、ご飯の好き嫌いの激しい子はビターアップルなどの苦味でしつけるのがいいでしょう。

無視をする

犬にとっての喜びは、飼い主にかまってもらうことです。そのため、飼い主に無視されることが一番こたえます。

どんな場合でも無視をすればいいというわけではありません。無視は、犬が「かまって欲しい」「~して欲しい」といった要求に対して効果のある方法です。

そのため、無駄吠えやイタズラなどの行為に対してあまり効果がありません。

無視をするときは、次の点に気をつけましょう。

  • 犬の方向を見ない
  • 叱ったり、声をかけない
  • 背中を向け、手はポケットなどに入れ動かさない
  • 犬がしつこい場合でも、無視をし続けるこんな時はどうすればいいの?

先ほどの「無視をする」でも、吠える犬には効果がないように、その時によって叱り方を使い分けなければいけません。

では、どんな時に、どのように叱ってしつければいいのでしょうか。

無駄吠え⇒天罰方式

飼い主に向かって吠える⇒無視

人を噛む⇒低い声で短く叱る

服や家具を噛む⇒天罰方式

とくにチワワなどの小型犬は、体が小さいぶん、電話やインターホンなどに吠えること多く悩む飼い主さんもいますが、そんな子には大きな音を立てて「吠える=大きな音がする」と認識させれば、吠えることも少なくなりますよ。

こちらもおすすめ