犬にノミが付いてるかも!?症状と対策

OSUWARI編集部

2016年8月23日 更新

気が付くと、体をかゆがることが多いと思ったら、ノミが付いてしまっているのかも。予防と万が一ついてしまった場合の対策を知っておきましょう。

ノミがつくとどうなるの?

シャンプーをしたばかりなのに、体をかゆがる、壁や床に体をこすりつける、体のあちこちを噛んでしまうなどの行動が見られたら、ノミが付いているかも・・・ときづいてあげてください。

頻繁にシャンプーをし、清潔な環境で暮らしている犬であっても、散歩に出かけたときや他の犬との接触を通じて、知らぬ間にノミが付いてしまう場合があるのです。

ノミが付いたときの症状

体をかゆがる様子があったら、首、尾の付け根、脇腹などの部分の毛の根元や皮膚をよくみてあげてください。毛の根元や皮膚をよく見てみると、小さな赤い発疹ができていたり、かさぶたのようなかさつきができていたり、1,2mmほどの小さな虫がついていないでしょうか?
また部分的な脱毛や血がにじんでいるような箇所はないでしょうか?

これらの症状はノミによりおこるアレルギーの一種で、発症までにそれぞれ個体差があるものの、かゆみの症状は比較的早く現れるうえに、一見で気付ける症状ですので、見逃さないように日ごろから注意をしておきましょう。

人間にもついてしまうの?

人間にも犬のノミはうつってしまいます。
散歩の時に草むらでペットの体に付着したノミは知らぬ間に、家の中に入り込み、そのまま人間にもうつるのです。

室温の管理された室内で、タオルやカーペットなどがある環境はノミにとって快適な環境と言えます。快適な環境があることで、ノミは繁殖し、寄生してしまうのです。

人間の場合も犬と同様に、ノミに噛みつかれると、かゆみや腫れなどのアレルギー症状を引き起こし、中にはリンパの腫れなど重度の症状を起こす場合もあるほどです。

犬の体にノミをみつけたら

決して、爪などでつぶしてはいけません。ありがちは対処として、ティッシュでつまみ、そのままつぶしてしまうことがありますが、つぶしてしまうことで、ノミの体内にある卵が犬の体に残ってしまい、結果さらに増えてしまうという悪循環を引き起こしてしまうからです。

ノミをみつけた場合は、専用のノミ取りくしをつかって、つぶさないようにそっと取り除く、ティッシュでかるく抑え、つぶさないように犬の体から除去する。取り除いた後は、ビニール袋に入れ、しっかりと密閉し処分しましょう。

体にノミを1匹でも見つけたら、まだまだ他にもノミが付いていることを忘れずにすぐにノミ取り用シャンプーや動物病院で処方される薬剤などを使用し、完全な駆除を行いましょう。

ノミの予防方法

フロントラインで予防

簡単で手軽にでき、安全な方法として、動物病院で処方される「フロントライン」があります。この薬剤は、スポット式で、犬の首元の皮膚に液体を垂らすだけで、1~2ヶ月にわたってノミ、ダニ予防の効果があります。市販の薬剤でも類似した製品は多数ありますが、フロントラインはその持続期間の長さ、マダニ予防効果があること、犬の健康への安全性から多くの飼い主に利用されています。

他にも、フロントラインシリーズから、おやつ式の「ネクスガード」も新たに発売されています。ネクスガードは、経口型なので、シャンプーによる効果低下の心配がないことが何よりのポイントです。

頻繁にシャンプーをする場合は、ネクストガード

頻繁にシャンプーをする、海に入るなどの機会が多い場合は「クスガード」がよいでしょう。

その他にも・・・

薬剤の使用以外の方法として、虫の忌避効果のあるアロマスプレーも効果的です。
散歩に出かける時や他の犬との接触の時、洋服を着ている時などに、脇腹、尾の付け根、首などにスプレーすることで、防虫対策になる方法です。

ノミは、一度ついてしまうと、その後の駆除に何かと苦労してしまうものです。どんな犬でも、ノミが付いてしまう可能性がある事を忘れずに、毎年の予防を心がけましょう。

こちらもおすすめ