老犬・シニア犬がご飯食べない時の原因と食べさせる方法4つ

OSUWARI編集部

2016年9月8日 更新

老犬になると何日もご飯を食べなくなったり、吐いてしまうことがあります。元気なのに食欲がない場合も。
突然ご飯やおやつを食べなくなると不安ですよね?実際シニア犬・老犬がご飯を食べなくなった場合は、注意が必要です。今回は、老犬がご飯を食べない原因や食べさせる方法をご紹介します。

・シニア犬がご飯を食べなくなる原因とは?

老化により内臓機能の衰え

人間と同じように年を取ると、犬も代謝が低下し、運動量も少なくなります。するとそれに伴い必要なカロリーも徐々に減る為、本能的に食べる量を抑えるようになります。このように緩やかに食欲がなくなる場合は、加齢によって内臓機能が衰えることが原因として考えられます。

病気により食欲の低下

老犬になると、免疫力の低下や内蔵、老化によりさまざまな病気を発症しやすくなります。

老犬が食欲がなくなる時、もしかするとその奥に病気が潜んでいるのかもしれません。そんな時は食欲不振と同時に起こる症状を参考にしましょう。

食欲がない症状で老犬に多い病気としては

  • がん
  • 歯周病
  • 慢性腎不全
  • 慢性肝炎
  • 甲状腺機能低下
  • 生殖器の病気

などがあげられます。

例えば、同時に歯に異常があったり口臭が強い場合は歯周病の可能性があります。
歯周病は日常的に犬の口の匂いを嗅いだり、歯を磨いてあげたりと飼い主とのコミュニケーションで見つける事のできる病気です。

他にも下痢や嘔吐・便秘がある場合は消化器系の異常、どんどん痩せて細くなるならガンの可能性があるなど、食欲がなくなるのと同時に起こる症状と一緒に考えると病気かどうかの目安になる事もあります。

2日以上食欲がない状態が続いたり、全くご飯を食べない、多飲多尿、軟便、血尿血便、脱毛、体重の増減、咳、口臭、しこり、など他の症状がみられる場合は、病気の可能性があるので早急に獣医師に診てもらいましょう。

味覚が衰え、好みの味が変わった

「ご飯を食べない=病気」とはかぎりません。単に食の嗜好が変わった可能性もあります。
加齢とともに聴覚が衰えるように食に関る味覚や嗅覚も徐々に衰えます。その影響で今迄好きだったものを食べなくなったり、逆に好きになったりと変化が起こるのです。

このような状態になった時に急激に体重が落ちたり、他の症状が出なければ病気の心配をする事はないでしょう。

ご飯を食べない時にする対策とは?

食欲不振が続く程度が軽い場合は病院で栄養剤を注入する事があります。
これは一時的にはいいのですが、これらの治療を繰り返し行うのはいい方法ではありません。どうして食欲が落ちているのか、その原因を追究し、適切な治療へ繋げる事が大事です。

食欲が落ちた状態でも元気が良く病気の心配がない場合は、家庭で出来る事もあります。フードの固さを固形から缶詰、流動食にする、匂いの強いものをあげるなど様々な方法を試してみましょう。老犬になると固い物を噛めずに食べる事を嫌がるケースもあります。試してみると案外食いつきがよく、食べる事もあるので是非一度家庭で出来る事からお試しください。

食欲がない老犬も食べたくなる食事の工夫4つ

1、いつもとは違うフードを与える

人間も年をとると食の好みが変わる場合があります。老犬も同じで若い頃と食事内容が同じだと食べたくなくなる時があるのです。いつも同じフードにせずに、日替わりで内容を変えたり、いくつかよく食べるものを見つけて嗜好を把握すると食欲が落ちた時に対処しやすくなります。

2、強い匂いで食べたくなるフードを作る

犬は嗅覚でごはんを食べるといっても過言ではありません。温めて匂いを強く出してあげることで、嗅覚が刺激され食欲が出てくることがあります。

いつものフードにプラスでトッピングなどをしてあげるのもいいでしょう。

おすすめトッピング

  • ペット用のヤギのミルク
  • 焼いた肉
  • 納豆
  • ペット用チーズ
  • ペット用ふりかけ
  • 鶏胸肉、ささみなどの茹で汁

サプリメントなら一石二鳥!!食欲を誘って、栄養も取らせよう♪
トッピングに犬のサプリメントを使うのもオススメです。犬用のサプリメントは様々なワンちゃんに食べてもらえるようにニオイを強めに作られています。また、老犬になり消化機能が衰えたところに、サプリメントを使用することで効率よく必要栄養素を摂取することができますよ。
食欲の他にも、涙やけ、口臭・体臭、毛並み、元気がなくなってきた、白髪が増えてきたなど愛犬への心配事が増えている場合にも効果が期待できます。

食欲不振のわんちゃん必見!いつものご飯に入れるだけのチーズ味のサプリメント
→「犬康食・ワン」プレミアム

3、水分を多く含む食事にする

老犬は消化機能も衰える、飲み込む力も弱いのでカリカリのドライフードよりお湯でふやかした軟らかい食事の方が消化も良く食べやすいです。また、ふやかすと匂いも出るので食欲をそそり、尚GOODです。
もちろんシニア用のウェットフードに切り替えるのもOKです!

4、フードのお皿の位置を高くする

お皿を床に置いた状態だと頭を下げてフードを食べる姿勢が辛くご飯を食べない場合があります。頭を少し下げて届く位置にフードを置いて辛くない姿勢で食べれるようにしてあげましょう。100円均一などで売っている台で十分です。また、足腰への負担を減らすために、滑りにくいマット引いいてあげるとよりいいでしょう。

まとめ

食欲が落ちただけで元気な様子の場合、単なる加齢による食欲の低下なのであまり心配しなくてもよいでしょう。
食事を温める、食べやすくするといった工夫をして、食べさせてください。

下痢、嘔吐、元気がないなどの異常がみられて場合は、すぐに病院で診察してもらいましょう。

わんわん倶楽部

こちらもおすすめ